初恋はメーテル

漫画の考察やライトノベルの感想をメインに書かせてもらっています

自称Fランクのお兄様がゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ? 2巻 ネタバレあり 感想

 

全体的に1巻より完成度が上がったと思いますし面白く感じる部分も多くなったんじゃないかなぁと思います

 

www.ginjinomangakousatsu.xyz

 

一巻は『(作者ないしは登場人物が)強いと言ってるから強いんだっ!』みたいな描写が結構鼻について強引さと『遊戯における強さ』の根拠の薄さを感じた所が多々あったんですが2巻では一巻よりも各キャラのゲーム時の心理を丁寧に描かれてることもありその辺が気にならなくなったのではないかと

今回は遊戯が『フェイクポーカー』という比較的各キャラの戦略や実力差がわかりやすく表現できる種目になったというのも大きいかもです

 

やっぱ登場人物みんなやべぇー!

ってかそもそもこの世界がやべえのか・・・

なんでこんな『遊戯至上主義』なやべえ世界になったかの説明は一巻あたりにちょろっとあったような気がするけどむしろ個人的にはこの世界になるまでに至った具体的な道筋を知りたいよ

今巻も『機関(遊戯に強い人材を作るために子供の脳をいじったりする(物理)』とか出てきたけどこの世界は本当基本的人権どこ行っちゃったのおおお!』っていう世界なんだね。人権屋仕事しろとw

いや一巻で知ってたけどさ。一巻で知ってたけど改めてね、改めて『倫理?人権?なにそれ食えんの?』みたいな奴らしか出てこねぇぞw

まともな倫理観有してるの主人公くらいなんじゃないのこれ・・・

そんな主人公にそれでも僕は言いたいんだ。一巻の感想でも言ったけどさぁ・・・前髪切れよお前

 

生徒会長ちゃんと強そうでよかった

ラスボスなのかどうかはともかく生徒会長本当にちゃんと実力あって強い感じ出てるよね。つまり『なんちゃって噛ませ強キャラ臭』を今のとこは全く感じない。

この人相当強いんちゃう?(小並感)

ちなみに生徒会長のお名前は『白王子透夜』さんね。

何のメリットもないのに自分を賭け代(もし水葉が負けたら主人公の隷徒になる)にする提案を簡単に承諾するシーンは素直に『パネエなこいつ』って思ったし結構燃えた。こういう展開自分好きっす

作者さんの強キャラ感をしっかりと描写していくセンスはかなり他の作家よりも高いんじゃないかなぁ

けれども個人的には真のラスボスは生徒会長の弟っぽいと僕は睨んでるんだけどどうだろうか?

ラスボスじゃないにしてもこれだけなんか腹に一物抱えてそうな感じ出しときながら実はなんもないってことはないでしょう流石にw

ってかラノベの名前に云々するのもヤボだけど苗字が『白王子』ってすげえなおい

 

妹の強さがいまいちわからん

平和好きというか本来は争い嫌いの主人公がブラックバウトに自ら行った理由は妹の為(妹を遊戯に関わらせない)でいいんだよね?

そんな兄の苦労を知ってから知らずか妹は自ら率先してバリバリ遊戯に関わってるって主人公からしてみれば『俺の苦労は一体・・・?』って状態じゃないのこれ(笑)

んで妹の強さがまだいまいちわからんね。現在の作中での立ち位置でいうと『上の下』くらいなのかなぁ?

そもそもこの世界における強さって『頭がいい』というよりも『どれだけ異常に身を委ねられるか』みたいなところがあるからね

その指標だとやっぱ妹ってこの世界だと『上の下』止まりって感じになっちゃうのかなぁ

桃貝好きw

こいつ一巻じゃ物語の展開上必要なただの『アホ要員』の一人くらいにしか思ってなかったけど2巻になって急に好きなキャラになった

『手を洗う』という禁止事項をトイレ後のいつもの習慣で素で破ったとこは本当素直に笑った。こいつアホすぎてワロタ

なんでよりにもよって家族もお前をこの学園来させたねんとwお前も拒否れやとw

一巻以前まで散々に虐げられた楠と2巻では和解して表面上仲良くしながらもさらりと『昔の恨みは忘れてない』という微妙に闇深さを感じさせるところも好き

 

主人公の強さがやっと次巻でわかりそうっすね

一巻でも一応時任ミミと戦いましたけどもね。

でも強いのはまぁわかったけどもイマイチ『何をもってして最強なのか?』というのが伝わってこなかったんですよ。

それがまさか急に三巻で主人公が最強軍団の生徒会全員と戦うとは思わなかった。このテンポサクサクしてる感じは良いですねえ。 次巻からの主人公無双に期待

まとめ

後書きだと1巻の売り上げはかなり良かったようでそれは何よりですね

何巻まで続くかちょっと今の所わかりかねるけども売り上げとか展開次第ではこの作品結構巻数重ねるのかもしれないですね

緋弾のアリア 28巻 ネタバレあり 感想

 

緋弾のアリアシリーズは安定して毎回面白いですけども今巻の28巻はその中でもとりわけ『やっぱ赤松先生すげえわ』と改めて思わされた巻だったね。

 

28巻は40回くらい通しで読み直しましたよ。いやマジで。読むたびにこれが毎回面白いんだよ。

んで41回目でも全然面白いっていうね

大げさに言えば28巻はライトノベル作家として赤松先生が一つ違う次元に行ってしまった感あるよ、本当そんくらいに面白かった

ちなみに前巻の27巻の感想はこちらね↓

 

www.ginjinomangakousatsu.xyz

 

28巻は暫定で緋弾のアリアで一番好きな巻というか話

緋弾のアリアで好きな話を3つ挙げろと言われたらリサとのオランダ逃亡編と東池袋高校編とアメリカでのマッシュ対決編の三つを選んでいたと思うけど28巻はそれを明らかに上回ったね

少なくとも『個人的に好きとか面白い』みたいな読み手の主観によって評価が大きく変動するようなものだけじゃなくて客観的な完成度みたいなやつは頭一つ抜けて既刊の中で今巻の28巻が一番高いのではないかと思う

すごい。とにかくすごい

『基本的にどんな題材でも書ける』という特色を持つライトノベルの一つの到達点みたいのを読ませてもらった気がする

 

赤松先生って本当何者やねん

赤松先生博識すぎぃ!

今巻一ページに一つの勢いで何らかのサバイバル知識だったり豆知識的なのが載ってたからね・・・

いっそ書き出してやろうかしらなんて考えたけど途方も無いからやめたけども。そんくらい多い

いや勿論その中の何割かは執筆に当たって調べた知識なんだろうけどもそれを違和感なく自然に作品に活かせるというのががすごいよね。

覆面作家とはいえ本当何者なんだよwなんか何巻かの後書きでイタリアで商売してたみたいな話もあったし本当先生何者やねん

 

マジで無人島行ったんかい!

前巻の後書きで『無人島行くかもな〜』みたいな事言ってましたけど、いやマジで行ったのかよ!

まぁ先生のツイッター不定期に見てるから読前に知ってたけどもね

それでもマジで行ったのかよと。すげーな・・・きょうびここままでするラノベ作家いんの?

無人島描写描きたくて著者本人がガチで無人島行くなんてそんなことあんの(笑)

どうでもいいけど交通費とか諸費用もろもろ経費で落ちんのかな

パンノキ僕も食ってみたいわ。後書きでも書いてあったじゃがいもだったりさつまいもっぽいっていう食べ物、すげえ気になる・・・アマゾンとかで通販できないのだろうか。この飽食の現代日本じゃ需要全くなさそうだけれども 

 

 無人島生活するなら絶対キンジと一緒がいいよね

別にホモォ┌(┌ ^o^)┐的意味合いじゃなくてだね

キンちゃん様はサバイバル技術だけならAランクらしいですからね。ってか何気に非ヒステリアモードの普段から優秀ですけどねこの人。

火を作るわ家建てるわ食材調達してくるわ飯作るわ知識豊富だわ虎が出てくれば必殺技で撃退してくれるわでぐうの音も出ないほどに優秀ですからね。無人島に一つ持ってけるなら?って作中にもあったけど僕はキンジ一択だよ

キンジというよりも武偵校がすごいのか?

こんな現代社会で人生100回やり直してその中で一回使うか否かみたいな知識未成年に教え込んでるんだからね。世間からは蛇蝎のごとく嫌われてるけどさw

後何気に『炸覇』本邦初公開でしたね。

前巻は不発でなんかしょっぱい感じになってましたけども。何となくだけども炸覇やってる時のキンジの腕の形ってカメハメ波みたいなになってんのかな?キンジは人間とサイヤ人だったらどっちかというとサイヤ人寄りですよねこの人・・・

この男本当巻数増やすごとにどんどん人間やめてますわ・・・・人間辞めスギィ!

 

ネモ墜ちるの予想よりも早かったな

正直無人島に漂流って言ってもカツェと雪山で遭難したときみたいに長くても巻の半分くらいで脱出するんやろなぁって思ってたからね。

まさかこんな一巻まるまるがっつりとネモと無人島ライフするとは思わなんだ

敵と仲間になることに定評のあるキンちゃん様だから少しは態度は打ち解けるだろうくらいは思ってたけどね。毎度のことながら敵幹部に求婚までされてますよこの人

一級フラグ建築士の看板に偽り無し!

キンジとの無人島生活での一連のことは脱出後にはナァナァでなかったことにすんのかなぁと思ってたら武偵校のセーラー服はキンジにわざわざ返してもエンゲージリングと勘違いした青瑪瑙の石は返してないところがなんていうかにくいよね( ´ ▽ ` )

キンジがあえてなのかそこには触れないのもにくい

キンジもうちょい自分の心臓大事に使ったれよ

キンジは今まで『いや人間ができることじゃないから(真顔)』みたいなことを近所のコンビニ行く散歩感覚でやってきた人間離れ人間な訳ですけども

キンジが単独で船で海に出たはいいけども嵐に巻き込まれて方角見失って結果海に投げ出されて心肺停止になったシーンなんかすごかったな・・・

なんというのかあのシーンは緋弾のアリアのシーンの中でもとりわけキンジの絶望感がすごかった。だってあれネモが気づいて人工呼吸してなかったらそのまま逝ってたわけでしょ?そういう意味では今巻が一番キンジガチの死に近かったんじゃないかな。

大自然の前では超能力者も人間離れ人間も無力というわけですな

ってかキンジの心臓お前何回とまってねんと。もう通算で10回は心肺停止なってんじゃないの?その度に復活させられて酷使されすぎでしょ。ドナドナ

キンジも『心臓止まったところで回天で動かせばそれでええやろ』くらいに考え出しそうで怖い

 

N編はいつまで?

28巻になってもイマイチNの『教授』であるモリアーティの行動の動機だったりキャラ造形だったりが掴みかねるね。

まぁ開示されてる情報も現状まだ少ないけども。第一次世界大戦を引き起こした教授とやらは果たして何がしたいのやら。Nの目的自体もキンジの推理じゃ単純に過去に戻すってだけの話じゃないみたいだし。

ただネモが『パンスペルミアの砦』について軽く触れていたしNの目的の一つにパンスペルミの砦が深く関わってくるのは間違いないんだろう

んで『やがて魔剣のアリスベル』のヒロインズアソートでキンジが東大に入学後の少し未来の話が書かれてましたけどもその時点では未だパンスペルミアの砦が解決してない感じだったのでN編もしばらく続くってことかな?

 

 

ここ笑うとこ?

最後のキンイチの『お前の得意な女装でいけ』で不覚にも笑っちゃったのって俺だけかな?

キンイチ兄さん超ド級のブーメラン額に刺さってんぞとw

ってか嫌がるキンジに無理やり行かせんでもキンイチお前が女装というかカナで代わりに女子校行ったれやと。緋弾のアリアで代表的な女装キャラといえばカナ、カナといえば女装。んでカナはキンイチなんだからさ

本当キンジの代わりに行ったれよ・・・キンちゃん様過去に例がないほど嫌がってんじゃんw

ここまでマジで抵抗してるキンちゃん様過去にあったっけ?

最後キンジの『ヤダヤダ!』から『ガチで女装するの嫌』感がすげえ伝わってきて笑ったわ

多分次巻はそのことでキンジがごねて「俺じゃなくて兄さんが行ってくれよ」のくだりはあると思うんだけど本当なんでキンイチが行かないんだろうか?

パッと考えられる理由としてはパトラが妊娠してるからってのともうカナ状態でのヒステリアモードになれなくなったの2つがあるのかな?

前巻でかなで救出の時に『現場は退く』言ってたしね。

17巻でもキンジに歳をとると性的興奮がどうやらでそんなこと言ってたしもしかしたらキンイチは既にカナ状態に関わらずヒステリアモード化は難しくなってきてるのかな?

でもキンジとキンイチの父親の金叉はキンジが産まれた後もしばらくは武装検事やってたわけでその中で当然マキリみたいな犯罪者相手にバリバリにヒステリアモードも使っていたんだろうからそう考えるとさすがに20前後でヒステリアモード化が難しいっていうのは早すぎない?

それとも脳内物質に由来するものだから個人の体質によってもその辺は結構ばらけるのかな?

まぁ他にもキンイチが代わりにいけない理由は色々ありうるだろうけどもね。もしくは女装が得意以外にキンジじゃないと絶対にダメな理由とかね

それにキンイチも遠からず一児の父親になるわけで、んでその子供からしてみたら自分の父親が女装して鏡に映る自分でヒスってたらそりゃあちょっと複雑だわな(笑)

まとめ

クロメーテルさん回キタアアアア(゜∀゜)!!!で『GO FOR THE NEXT!』と終わった28巻でしたけれども次巻は随分と久しぶりのような気もする白雪さんメイン回となるんでしょうか。次巻の発売は9月あたりかな?

キンジ東池袋高校でも全くと言っていいくらいに適応できてなかったのに女子校とかそりゃあ無理ゲーでしょ

 

 

ジャナ研の憂鬱な事件簿 3巻 ネタバレあり 感想

 

三巻は全ての話が1巻2巻のいずれのよりも個人的には完成度が上回ってたと思う

 

前回の記事でも書いてたことだけど予想してた通りに今巻の3巻目で大きく洗練されたなぁという印象を持った

 

 

www.ginjinomangakousatsu.xyz

 

いやこれも以前書いたけど1巻からすでに面白かったんだけどね。

ただそれでもわずかに違和感を感じた箇所はもうほとんど気にならなくなってきたし最初から面白かった部分はより面白くなったというか

多分これは僕個人の好悪からくる感覚じゃなくて単純に著者がこの作品にこなれてきたからというのが理由の主なものだと思うから1巻2巻をちゃんと読んで今巻の3巻を読んだ人は僕と似たような感想を抱いたんじゃないかなと思う

 

 

自画像メロス

三巻の一章目に当たる『自画像メロス』

あらすじを読んだ時からあの義務教育を受けた日本人ならまぁほとんど知っている太宰の走れメロスをどんな感じで話に絡めるんかなぁと思ってたけどなるほどね。2巻の耳なし芳一の独自解釈みたいないかにも著者っぽい感じの絡め方でしたね、なんというか現実的な方向に一捻りするあの感じ。んで僕はその感じ結構好きなんだよw

あと急にこの章で白鳥先輩がメインヒロイン感強くなりましたね

2巻まではヒロインっていうよりかは登場人物の一人、狂言回しの一人に過ぎない感じがありましたけどもこの章で思い出したかのようにヒロイン感出てきてちょっとビビったw

第二章『鬼の貌』

「ひえっ・・・」ってなった章

真相が明らかになるちょっと前くらいにぼんやりと真犯人がわかったんだけどそれでも「ひえっ・・・」てさせられた

現実で一番怖いのは結局お化けでも鬼でもなくて人間の悪意だよねって感じの話。つらい。

ライトノベルではあまり扱わない題材が全然心構えしていない時に来たため不意打ちのボディーブローを食らった気分

そのため読後の後味はそりゃあまあ良くない。しかし後味が良くないということは著者の筆力の高さの裏返しでもあるんだけどね

やっぱり著者は この手の「石を裏返してみたら気色悪い虫がうじゃうじゃいた」系の話書くと最近の他の作家さんたちよりもだいぶ抜きん出ていると読んでいると感じる

あと主人公の姉ちゃんがめっちゃイケメソ

第三章『怖いもの』

三巻の最後の章

この章は主人公がめっちゃかっこいい

文化祭でマジックのタネを妨害されたヒロイン候補(なのか?)の女の子をを主人公が持ち前の頭脳の高さで助ける話のやつ

知的系主人公の王道俺TUEEE感ある。学生時代に一度は空想して憧れる教室にテロリストが乗り込んできて一人で制圧する感じのやつを頭脳方面にシフトした俺TUEEE感ある。

自分こういう俺TUEEE・・・正直好きっすw

二章でちょっとメンタルを沈められてる分も相まってめっちゃカタルシスでスカッとした

あと白鳥先輩の焼き餅かわE

やっぱ作者は純粋に筆力高いよ

読んでいてやっぱ作者さんは筆力高いなぁって思う。そもそもこういう『日常系推理もの』という題材自体が根本的に筆力がないと成立しないジャンルの気がするし

ガガガ文庫で発売しているラノベの中でも一番か二番かってくらいに面白いと僕は思う。実際ちょっと感想とかググってみても良い評価の方が目立ってるし売り上げも結構良いんじゃないかな?

まとめ

3巻は1、2巻の推理もの小説としての完成度を保ちながら恋愛方面でも割と進展がありましたね。白鳥先輩がジェラって終わったので4巻もそっち方面でまた一波乱ありそうっす

 

 

ジャナ研の憂鬱な事件簿 1巻 2巻 ネタバレあり 感想


ちょっと前にブックウォーカーで180円のセールをやっていたのでお試し感覚で何の気なしに購入

けどこれが最近読んだ中では素直に『当たり』だと思えたラノベの一つ

85点くらい

 

 

ミステリー推理ものとして普通に完成度高いし面白いと思う

日常系ミステリーに分類されるののかな?それとも学園ミステリーとかかな?

主人公の推理するときの論理展開の説明の仕方とかでくどいというか違和感を感じる箇所があるにはある。あるんだけど多分巻数を経ればその辺はどの作家さんも自然に克服してしまうことが多い類の欠点な気がするから特に問題はないのではないかと。

それに作品の大筋の部分の完成度を著しく毀損するようなもんでもないし実際に1巻から2巻にかけてもだいぶ減ったと思う。3巻ではかなり改善されていて気にならなくなっているんじゃないかな。俺ガイルでも序盤の巻で経験した感じのアレに近い。んで俺ガイルでも3巻くらいでは感じなくなったやつ。いや感じなかった人には全く伝わらない例えだけどさw

似た感じの作品で言うとやはり氷菓っていうか古典部シリーズをどうしても想起させられるのかなぁ。
特に主人公の推論の結論までへの導き方は近い気がする。あと主人公がやれやれ系とまでは言わないでも消極的なところも共通してるのかな

けど日常ミステリーというか推理ものでかつ学園ものでってなったらどうしても部分部分で寄らざるを得ないところもあるでしょうしそれで評価が左右されてしまうのは少し酷ではないかと。僕はあんま気になんなかったし。

あと『現実的に起きうること』と『いやいや起きないでしょっw!』のライン取りは絶妙だなぁと思った。これ以上に現実的よりになっちゃうとつまらなくなってしまう気がするし非現実寄りになったら白ける気もする。
その点では古典部シリーズよりも『より非現実寄り』というか『ラノベより』だけどそういうとこも諸々含めてジャナ研の方が僕は好みかな

読後の白とも黒とも割り切れないモヤモヤ感は読者を選ぶかも。僕は好きだけど

個人的には2巻の手紙から内容を推理する話がお気に入り。良い意味でなんか『ゾッと』させられた。良い意味でね

 

作者さんは新人なんやね

ってかこの作者さんの他の作品ねえんかなぁと思って調べて見たらどうも新人さんらしいですね。別名義でやってるとかじゃないのならば
新人さんでこの完成度は素直に筆力高いなぁと感じた

友情描写好き

この作品はメインヒロインとか女の子がどうこうというよりも個人的には主人公と親友の二人の友情描写がなんか個人的にすごくハマった
なんだったら親友三人組とモブだけでも成立すると思う
奇抜な設定とか読んでると寒くなってしんどくなる登場人物通しのわざとらしい掛け合いとかないし

友人キャラ2人のラノベっぽい設定はマックスで関西弁とミュージシャンとスポーツ万能くらいだしね。

とても自然に長い年月を一緒に過ごしてきた気のおけない親友感を上手に描写してると思う

 

水村先輩かっこE

水村パイセン何者なの

高校でてすぐにアフリカ飛んで児童労働の実態調べてるってジャーナリズム精神ありまくりかよ!すげえな!

下の名前は『零時』ってちょっとドキュン気味だけども!

 

テンポはかなりいい

テンポは他のミステリーものと比べてもかなりいいのではないかと

今のところ基本単話形式なのも好印象

『主人公のどうやらワケありな感じの暗い過去編は5、6巻らへんで明かされんのかなぁ』と思ってたら2巻で完全に明かされちゃって『早っ!』ってちょっとびっくりした。

漫画でも映画でもテンポ悪い作品は極端に嫌いなんで嬉しいんですけどもね。
ただこんな感じで進んでいくとしてヒロインの真冬先輩が学校を卒業して終わりなのだとしたらこの作品はわりかし早く終わるのかなぁ。5巻くらい?
たださっきも言った通り面白さをヒロインとか萌えに比重を置いてないので別に続けようと思えばネタがある限りは続けられそうでもあるんですけども。

この完成度を維持できるなら可能なかぎり長く書いて欲しいなぁと思ってるんだけどもどうなんだろう

銀河英雄伝説の新作リメイク版を5話まで見た感想 ネタバレあり

 

銀河英雄伝説の新作リメイク版の放送始まりやしたね。見ました?

 

以前に書いた下記の銀河英雄伝説のリメイクpvの記事が放送開始くらいからこの弱小ブログにしては存外に読まれてましてね。

 

 

 

・・・・まぁ弱小ブログだから数なんてたかが知れてはいるんですけども

そんな具合な事情もありまして二匹目のどじょうを露骨に狙って今日も銀河英雄伝説のリメイクアニメを5話まで見た感想を書いていこうかと思ってまっす

ちなみに四話以降のネタバレも遠慮なくバンバン書いてくんで原作、旧作アニメ未読、未視聴の方は十分にお気をつけて!!

 

 

やっぱ不評やね・・・

別に本腰入れてリサーチしたわけじゃないけれど感想サイト・スレとかコメントとかパッと見た感じだと肯定派が1割で残りの9割は「旧作と比較しちゃうとどうしてもねえ・・・?」って感じかな
まぁこれは予期していたことではあるけどね、予期していたことではあるけれども思ってたよりもボロクソ言われててちょいびっくりした

どうしてもキルヒアイス無理

上にリンク載せた前書いた記事ではキルヒアイスのキャラデザがどうしても受け付けないわあ」というのを書いたんすよ。ってかタイトルにも入れてたわ

いざ始まってみればリメイク版のキルヒアイスのキャラデザも「まぁこれはこれでありかなんてその内思えるんかなぁ・・・」なんて思ってたけど無理な事を再確認しただけだった。

放送が続いて見慣れて来たとしても多分無理なもんは無理

なんなのかなぁ・・・というかキャラデザ云々の前にキルヒアイスの銀英伝での物語の役目ってラインハルトの唯一無二の親友、半身なわけでしょ?

それがリメイク版のキルヒアイスではどうしてもその役目を務めるための力不足感が拭えない

んでこの調子じゃあこの先も果たせうるとも思えないんだよねw
リメイク版のキルヒアイスが死んだところでラインハルトが原作や旧作アニメ並みにめちゃくちゃ茫然自失としてる姿が想像できない。

いや勿論描写としては茫然自失して悲しませるだろうけど原作、旧作ほどの説得力を持たせられる気がしないんだよ
リメイク版のキルヒアイスが死んだところで「キルヒアイス死んでもうたんか・・・・参った参ったw」くらいに感じそうなんだよね。

うんこれは誇張しすぎだけどね。ハリウッドザコシショウ並みに誇張しすぎだけたけども。誇張しすぎた全然悲しまないラインハルトフォンローエングラムだけども

うん、わかったわ。それだわ
芋感とかジュノンボーイとか色々言ったけどキルヒアイスへの違和感の根っこにあったのはラインハルトの唯一無二の親友という役目の力不足感だったわ

 

ヤン若すぎィー!

ただのイケメンやんけと
キルヒアイスよろしくただの清潔感溢れるイケメンに改変されとるやんけと

百歩譲ってイケメンにするのはいいよ。ヤンのイケメン化は道原かつみ版の銀英伝コミカライズで一度経験してるからね

 

 

ただ若すぎるわい

モラトリアム中の学生かいと

新作のヤンの若い顔で査問会の名言とか政治家が賄賂を受け取る云々言われても説得力に欠けると言うか迫力が足りないと言うか「いや若者がなに調子こいとんねん感」がムクムク湧き上がってしまう・・・気がする

英伝における『ヤンらしさ』を構成している要素の一つとして『大抵の軍人が価値を置く軍事ロマンチシズムへの軽蔑からくる軽視かつ嫌悪』っていうのがあると思ってるんだけどそれが表現できてないどころか表現しようとすらしてないんじゃないかと感じるんですよ

あのシュミレーションゲームのところの『普通の人は取らない奇策で勝利した』っていう描写もなかったっていうかわかりにくいというか

非常勤参謀感も弱い。ただのやれやれ系主人公になっちゃってるわ

テンポがいいのは結構なんだけど削っちゃいけないとこまで削っちゃってるから銀英伝初見の人からすると(°▽°)?ってところも多いと思う

声は慣れてくるとそんな悪くない気は個人的にしてる

あと手ぶらのヤンってなにw

キャゼルヌ・・・・お前・・・・

 

www.youtube.com

 

 

うん、いや本当お前誰やねん

 

・・・いや本当にさ。

冗談ゼロでさ

100パー素でこの新キャゼルヌのキャラデザ最初見たとき誰やねんとなったよ

逆に聞くけど原作組、旧作組で初見でこの上のサムネの眼鏡をキャゼルヌってわかった奴おる?いたらそいつ凄いよ

 

ってかもう言っていい?言っちゃってもいいかな?

 

ちょっと無理だわ!!!

 

そのメガネどこで買ったのおおお!!!きもいんですけどおおおおおお!


いくらで買ったノォォォッォ!かっこいいと思ってのおおおおおお!

 

言っとくけど似あってないよおおおおおおおお!!!!!!

 

どこでその眼鏡をいつどんなきっかけとタイミングで買ったねんと

一時間くらい東京03のコントみたいにいじり倒してやりたいわ!

その眼鏡いとこの兄ちゃんにでもお古貰ったんかとw

父親がそんな眼鏡掛けて授業参観来たら絶対嫌ですわ!
「お前の親父なんやねんw」と子供のこっちがいじり倒されるわ!

藤竜版のキャゼルヌも「う〜ん・・・・でもまぁ許容範囲・・・なのかな?」って感じだったけどこれと比べたら藤竜版のキャゼルヌ全然良いわ。

なんかリメイク版のキャゼルヌ狡猾感滲み出てない?

旧作で好きなシーンにキャゼルヌが後方勤務本部長の椅子を「ふんっ!」の一言で一蹴するところがあるんですけど新作キャゼルヌがそこまでしてヤンイレギュラーズと合流するところが想像できないわw

新作キャゼルヌの場合絶対出世のために上官の娘と結婚したやんけと!そもそもイゼルローンの白い魔女ことオルタンス夫人は絶対こんな眼鏡キャゼルヌもどき夫に選ばんからっ!!!

ってかもう藤竜版キャゼルヌでいいじゃん。あれでいいよ。あれにしてよ

なんで謎の洒脱感プラスしてんねんとw坊主憎けりゃ袈裟まで憎いでサムネの帽子抑えてる左手もなんか腹たってくるわ!腕切ったろか!

んで声も絵柄に吊られてなのかちょっと嫌だわ。少なくともキャゼルヌに合ってる声ではないでしょ

キートン山田でええやん!まだ全然現役なんだからさ!

まぁこの絵柄だったらちょっと年齢的にアンバランスだけどさ!

ちょっとボロクソ言い過ぎた気がしないでもないけど本当ちょっとリメイク版キャゼルヌ無理

リメイク版キャラで暫定で一番無理。キルヒアイスより無理

いわゆる生理的に無理ってやつかもわからんね

ロイエンタールも無理ィィィ

その右側に垂れてる前髪なんやねんと
キャゼルヌと一緒で小一時間弄り回したいわw

どこの美容室通ってんねんと
美容師さんになんて言って切ってもらってんねんと!

弄り回したいっ!

小一時間弄り回したいっ!!!

  
リメイク版ロイエンタールは輪をかけて腐を意識したキャラデザになってる気がするよ

母親に片目をえぐられかける過去ないでしょこのおしゃれロイエンタールに・・・ロイエンタールのあの絶望的なまでに屈折してる感じはきっと新作では出せないだろうなぁ

ならばお前も国を奪ってみろ!

 

ミッターマイヤーひょろw

ヒョロすぎない?

 

フレデリカかわいいw

フレデリカが可愛い。略してフレデリかわいい
旧作のフレデリカの芯の強い感じのショートヘアのキャラデザももちろん良かったけど今作のあどけなさを残してる感じがこれが悪くない。ってか良い
先述したようにヤンが見た目若くなっちゃったからそれに合わせた結果だろうか
前作のフレデリカと新作のヤンだったらちょっとバランス取れないからね

余談だけど藤竜版のフレデリカただのヤン・ウェンリーファンの完全にアホの子に改変されてるけどあれなんなのw

多分今回のリメイクで一番恩恵を受けてるのはフレデリカなんじゃない?いやまだわからんけども

フレデリカわいい(広めたい)

ってか全員イケメンすぎるわ


アンスバッハとかなんなん?

 

イケメンにする必要性完全にゼロだろ!

 

略して完ゼロだよっ!!!アンポンターン!(みおちゃん風)

 

あ、俺がアンスバッハ嫌いだからブサイクにしろって言ってるわけじゃないよ?

いやまぁ当然嫌いは嫌いなんだけどさ。
当然嫌いなんだけど嫌いだからイケメンキャラにすんじゃねえやいと言ってるわけではないよと言いたいわけでして

どこにあんねんと?

前作で別にイケメンじゃなかったただのおじさんキャラをイケメンにする必要どこにあんねんと

製作陣の『とりあえずイケメンにしとけばええやろw』感強ぉぉぉぉぉぉ!


・・・・・旧作のキャラデザって優れてたんだなぁやっぱ・・・・・

英伝ナンバーワンの小悪党ことトリュー二ヒトを一人取り上げてみたってあの「イケメンはイケメンなんだけど隠しきれない寄生虫オーラ」を巧みに表現してるもんね

この分だとラングのイケオジ化すらあるぜ・・・一体ラングがイケオジ化したところで誰得なんだ・・・

三話まではとは言え同盟側の描写次第ではまだわからないぞって思ってたけど
裏切られたわい
キャゼルヌのおしゃれメガネに華麗なまでに僕の期待は裏切られたわい

 

オープニングは妙に評価高いけども

僕の観測した範囲ではオープニングだけは妙に高評価する向きがある

まぁそこまで悪かないけどさ。悪かないけど・・・・良いか?

いや悪くはないけどさ 

 

新作リメイク版は嫌いになっても原作と旧作は嫌いにならないでください!

いやほんとに

ほんとに旧作と原作は本当面白いから

このリメイク版が駄作に終わっても原作と旧作は神だから。それだけは忘れとんいてね

 

総統もお怒りだぞ!

www.youtube.com

 

総統とほとんど意見一致してわろた

プルンプルン( *`ω´)!

まとめ

結局銀河黒子伝説になっちゃってんじゃねーか!!!

 

そもそも田中芳樹節と絵柄が絶望的に合ってないんだよねとにかく
さらに悪いことに前作というわかりやすい比較対象が存在していてさらにさらに旧作の評価は普通にバリ高いというね

出来るだけ中立に書いたつもりなんだけどいざ読み返してみるとフレデリカの部分以外はほとんどボロクソ書いてますねえ
さてどんな具合にこの作品は落着するんでしょうかねえ・・・

 

 

緋弾のアリア 27巻  ネタバレ 感想 那由多の弾奏 

 

12月25日に新刊が発売されるのが緋弾のアリアの恒例で(赤松先生曰く通称赤松サンタ)今巻の27巻も12月発売予定だったらしいですがなんだかんだで延期して27巻は発売が1月までずれ込みましたね。いやぁ待たされた待たされた。もしかしたら新作のチアーズの影響もあったのかな?

 

前巻の26巻は妹を自称する謎の幼女がキンジの部屋を訪れてGO FOR THE NEXT!な感じで終わりました

 

ではその続きにあたる27巻で気になった部分や感想を下に書いていきます

ちなみにネタバレを含みますので未読の方はご注意ください!

 

白雪とかなでの関係は?

ちょっとくどいくらいにかなでが白雪に似てる描写(顔立ちに始まりピンポンの押し方にダメ男製造機云々)があるので白雪とかなでには恐らくなんらかの繋がりがあってそれはまぁ順当に考えれば血縁関係でしょうか

キンジの祖母の花の生け方が星伽のそれに似ているという描写があることからもキンジの祖母は星伽の出身、すなわち金叉、ひいてはキンジ自身も星伽の血を引いているのというのが高確率であるでしょう

あとこれはかなりメタ的な推理ですがメインヒロインの一人であるはずの白雪の出番が最近極端に少ないからね

だからそろそろ白雪が登場すると考える、じゃあその登場するきっかけは?と考えるとこのかなでとのつながり関係が主な話の中心になるんじゃないかな?

あとかなでの挿絵もやっぱり白雪に似ているというか似せているしね。

この説が当たっていた場合はキンジと白雪は遠からず親戚にあたることになりますしそうなると白雪とかなでもということになりますね

 

かなでの母親は?

ジーフィフィスのかなでちゃんはどうやら母親にもなんか秘密があるらしい。

しかもZセカンドの焦りようからしてかなりのトップシークレットなごようす

 僕はかなでの母親っていうかその遺伝子はやっぱり白雪関係、すなわち星伽関係の人間のものだと考えるのが自然ではないかと思っている

 んでそれを踏まえて考えるとかなでの母親の遺伝子はキンジの母親の遺伝子である可能性があるんじゃないだろうかと僕は考えているのだがどうだろうか?

今までにキンジの母親に関わる情報といえばすでに亡くなっていることとカナはかなり美女だった母親をモデルにしているくらいとそんなもんで赤松先生が意図的に伏せてるんじゃないかってくらいにかなり情報が少ない

故にもし意図的だとしてキンジの母親関係の話がいずれ絡んでくるとしたらこのかなでの母親関係・・・と考えるのは少し無理やりだろうか?

次点の理由としてかなでは白雪だけでなくキンジの母親にも面影が似ている描写が複数ありますしね

 

もしこのかなでの母親の遺伝子はキンジの母親の遺伝子説も当たった場合はキンジとかなでは腹違いじゃなくて両親ともに一致している兄妹だったということになりますね

キンゾー(ジーサード)とかなめが人種はコーカソイドっていうか半分白人の遺伝子ですがかなでは挿絵見る限り黒髪で純日本人ぽいですしこの推理は我ながらそこまで酷く無いと思うんですが果たしてかなでの母親は一体何者なんでしょうか・・・ 

 

ジーフィフスの予想当たったw

前巻の感想でこの謎の幼女はジーフィフィスなのか?と予想してたけどまんま当たったな・・・いや勿論順当な予想といえばそうなんだけどさ
というのも一つひねりというかなんというか当初キンジ自身が警戒してたとおりにアメリカが対キンジ用に送り込んだジーフィフィスを騙るスパイの可能性もあるなっていうかそんな感じの一捻りがあると思ってたからそのまんまジーフィフィスでそのまんまキンジに保護を求めてたってのは逆に意外だった。、けど読み終わって見ればこれで良かった

 

キンジ「『カナデェ・スン』は私の母になってくれるかもしれなかった女性だ」 アリア「・・・・・」

かなでちゃんかわいすぎィ!

今回のキンジは2ちゃんに『<悲報>きんじバブみに目覚める』とかいうスレッド建てられても仕方がないでしょこれはw完全にかなでちゃんに落とされてましたやん・・・

ってかかなでちゃんが謎にバブミ力が高すぎるわw
1000・・・・2000・・・!!!・3000!!・・・バカな!まだ上がるだと!!!

かなでちゃんを保養し隊!

かなめ絶対荒ぶるかと思ったのに

キンジの新妹という己のレゾンデートルをめちゃくちゃに脅かす存在に対して絶対荒ぶりまくると思ってたからかなめのかなでへの優しい対応はちょっと肩透かし食らったわ。

かなめのメンがヘラってる描写個人的に結構好きだからむしろ見たかったんだけどなぁ
その代わりと言っちゃなんだけど今巻かなめさん痴もうとの本領発揮しすぎィ!
授●プレイのところはキンジも引いてたけどさしもの俺も引いたわw赤松先生一体どこ向かってんの?(笑)

 

那由多わロタw

技のデパート遠山キンジさんが今巻新しく披露してくれた必殺技、『那由多』
公安零課の獅童に渾身のマッハ8の八倍桜花をノーガードっていうか力入れただけで止められたこと(22巻参照)をきっかけに新しく作ったらしい

 ・・・でも仮に那由多使ったとしても獅童相手には無意味っていうか全然効かなそうだけどなぁ・・・だって八倍桜花でただ単に力を入れただけで完全ノーダメだったわけでしょ?

どうなんだろ?効くのかなぁ?わからん

関係ないけどこの新必の那由多をすげえ一心不乱に打ちまくってるキンジの図を想像したらなんか笑ったわ。いや別に笑うような場面じゃないんだろうし赤松先生もここで笑わせようという意図はないんだろうけどさw
那由多やってるキンジの背後でジーサードとマッシュが内心で「こいつやべぇわ・・・(ドン引き)」って顔している図を想像するとなんかふふってなったわ

藤木林再登場

まさかのキンジが武偵辞めたい病患ってた時に転入した先の東池袋高校にいた不良コンビの片割れの一人、藤木林が再登場というね。ヒャッハーの人。

一瞬懐かしすぎて思い出せなかったわwそいえばそんなんいたねw

こいつ東大の理Ⅲ目指してんのかよ・・・すげえな・・・地味に頭良かったのかお前!

占い師なんなん?

キンジのマンションに住んでいる謎の女の占い師。こいつなんなんでしょうかね?ステルス?

今後話に絡んでくるのだろうか?わからん

パチンコのCR緋弾のアリアおもしろいの?

キンジがCR緋弾のアリアのパチンコ自分で打ってるとこ想像したらなんか笑っちゃったわwってかキンジパチンコ行くのかよ

去年に緋弾のアリアのパチンコが作られてましたけどあれ面白かったんですか?(ってかまだ打とうと思えば打てんのかな?)

でも僕パチンコ打ったことないから打ち方全くわかんないんですよね

聞いた話によるとパチンコ中に出てくる動画?的なのにワトソンが出てきて声も当てられてるみたいなんでちょっと興味はあるんすよね。ちょっとYOUTUBEとかで探すとそれらしきものを軽く見れますんで興味ある方はぜひ

パンスペルミアの砦出てきた

緋弾のアリアと同じ世界観を有しているやがて魔剣のアリスベルで初めて出てきた単語パンスペルミアの砦』。

 

なんか異能が妖を殲滅して世界を自分たちの思い通りにしちゃおうZE!的な恐るべき計画らしい。どうも緋弾のアリアでもこの話が徐々に絡み始めてきているらしい

もしかしたら緋弾のアリアパンスペルミアの砦の話が最終章になるかもわからんですね・・・個人的には緋アリの世界観は魔術に超能力に超先端科学となんでもござれで他作品と比較してもかなり広い世界観なんで続けようと思えばほぼ無限に続けられそうなんでそれこそ一読者としては無限に続けて欲しいんですけども

まとめ

はい今回は緋弾のアリアの27巻の感想を書かせていただきました

27巻の感想を一言でまとめるならばやはり『かなでちゃんかわE』でしょうかね

可愛いは正義です

次巻はネモと無人島らしきところに漂着したところから始まるのでしょうかね。一体どんな展開になるのやら今から楽しみっすね

 

パイレーツオブカリビアン 5作目 最後の海賊 ネタバレあり 感想 

 

パイレーツシリーズの5作目に当たる『最後の海賊』は去年の2017年の夏頃にロサンゼルスからの帰りのエバー航空で前の人の背もたれにあるあの画面(ヤフーニュースに載ってたけどあの画面廃止の方向に進んでるんだってさ。個人的には好きだから割と寂しい)で観れたんだけどそれに気づくのに遅れたせいで見始め早々に成田空港に着陸してしまい結局ほとんど後半を丸々見れず不完全燃焼感をずっと抱いていた

 

けれどもこの世に生を受けてから今日まで頼んでもいないのに律儀にビタッと僕に付きまとってきたあの発達障害由来の先延ばし癖で『今月には見よう・・・』と思っていたのが『来月には見よう・・・』に変わりそのうち『今年が終わる前に見よう・・・』なんてやっていたら結局気づいたら2017年が終わっていて、2018年になっていた。

僕がレイザーラモンRGで『あるあるネタ』を作ったら絶対に食い込む典型的なまでのADHDあるあるですな。レンタルDVD延滞料金払いがち〜

 

僕は毎日地道にゲオアプリでログインボーナスを貯めていましてそのポイントでクーポンが当たるくじを引いたら新作を一本無料に借りれるクーポンが当たったのでこれを機にと重い腰をあげて『最後の海賊』借りてきてやっとさっき見終わったのでちょっとネタバレと感想をば書かせてもらう

 

先に総括した感想を書いちゃうと結構面白かった。

 

80点くらい

 

少なくとも4作目の『生命の泉』よりは間違いなくよくなってたと思う

 

以下より個別に感じた感想とそれに付随するネタバレを書いていくので未視聴の方はネタバレに注意されたい

 

 

ウィルなんでフジツボ顔になってんねん


ウィルなんでディーヴィージョーンズみたいにフジツボ顔で呪わてんねん

 

確かあれでしょ。フライングダッチマン号の仕事ってうろ覚えだけど海で死んだ人間を冥土的な場所に送る水先案内人みたいなやつでしょ?

 

あれサボってたからディーヴィージョーンズは魚類みたいな感じになってたわけでしょ?

だけどウィルは義務感強めの性格的にそう簡単に仕事をサボータージュしないと思うんだけどねぇ。それともなんかサボらざるを得ない事情あったんかな。あえてフジツボ顔にするならそこらへんの説明とかちゃんとわかるようにしてほしかったわ。もしくは別に今回の物語的にウィルがフジツボ顔になってる必要なくない?次作に生きる設定なのかな?

 

靴紐のビルはどこ行ったの?

 

3作目のワールドエンドでウィルがディーヴィージョーンズの心臓を突き刺すことによってフライングダッチマン号から解放されたウィルの父親のビルターナー、あだ名は靴紐のビル

前作は解放されたにも関わらず「まだ借りが残ってる」とか言って息子と一緒にフライングダッチマン号に残る意志を見せていたが今作では一切合切名前すらも出てこなかったけどどうしたんやろか?年齢も年齢だし死んじゃったんかね?それとも単に陸に上がれる10年の節目で船から降りたんだろうか?


ジャックコンパス気軽に裏切りすぎぃ!


こいつラム酒ひと瓶と船長の形見を物々交換しやがったぞw

 

かつて仕えていた船長の最後の遺言が「コンパスを裏切るな」なのにそれすら守れないってこいつ毎回のごとくだけど屑すぎるでしょw


とはいえまぁ交換するとちょっと悩んでたし軽く後悔してこそはいたけどさ。
ってか何でコンパスをジャックが手放すとサリザールが解放されるんだろうか?その辺の説明も特になかったよね?

何で?適当に作った使い捨ての行き当たりばったり的な設定にしか思えないんですけども・・・
この辺詳細な説明とかもちょっと最近のカリビアンシリーズおざなりになってる気がして何だかなぁ。というか3作目のワールドエンドでもジャックウィルにコンパス渡して手放してたよね?

コンパス渡してウィルに息をハ〜ってやって(ジャックは真性口臭症で超口臭い)不意打ちで海に突き落として「ディーヴィージョーンズによろしく!」って言ってたところ。あれはノーカンなの?何だかなぁ

 

若い頃のジャックのコレジャナイ感


いや別にそんな悪いってわけじゃないんだけどさ。でも何かが足りなかったんだよなぁ。何やろか?それははっきりしないんだけど最初に見た時に『え〜これがジャックの若い頃かよ〜(がっくし)』みたいになったのも確か。まぁあれでもいいっちゃいいんだけどさ
ってかむしろ若い頃の時の方が船員から慕われてたんじゃないのジャック

 

元海軍の二人組健在!

ワールドエンドで海軍と海賊の全面戦争で海軍が負けたと見るや海賊側に寝返った二人組。名前は覚えとらん、何だっけ?
4作目には確か出てこなかったけど生きとったんやね。バルボッサが船に戻ってこなくて死んだことを悟った時にわりと沈痛な顔してたから結構バルボッサのこと慕ってたんかね?案外バルボッサ艦隊の中でも重用されてたのかもね。バルボッサが死んだ後はジャックの船で働いてるのかな?


ってかよく考えるとカリーナの救出になんで船長のバルボッサが直々に行ってんだよwいやバルボッサがカリーナ(娘)を助けてその時にバルボッサが父親だということを知って云々という筋書きを物語の都合上でやりたかったからだろうけど片足義足のおじいちゃんにはあの救出作業ちょっとしんどいでしょw

 

やっぱギブス好きだわw


ジャック無き後の船長職に選ばれておきながら海軍が見えるや否やスクラムに譲って拷問から回避する老獪さよ・・・まさに外道
拷問でぶん殴られてるスクラムを尻目に「俺知ーらね(*゚▽゚*)」って顔してるとこ好きwかわE
前半で仲違いしながらもなんだかんだでブラックパールを取り戻したジャックの航海士にちゃっかり戻ってるとこもやっぱいいね。
パイレーツシリーズのジャックとギブスの腐れ縁感というか相棒感は僕にとって最も好きな見所の一つだよ。力で奪え!情けは無用!


モンキーかわわ


一作目から登場している猿のジャック。一作目のエンドロールでアステカの金貨盗んで今現在も不死の呪いに呪われてるお猿。もしかしたらポセイドンの槍壊したことでアステカの呪いから溶けてこいつもサリザールやウィル同様ただの猿になってるかもね
バルボッサが死んだと見るやスパロウに媚を売る処世に優れてる感じかわE

 

よく考えるとターナー家とバルボッサの因縁ちょっと面白いな


ヘンリーの祖父(ビルターナー)はバルボッサに靴紐に重りを着けられながら海底に沈められたし、父親のウィルはウィルで一作目でバルボッサのトドめを間接的にさしてるし、エリザベスは一作目でバルボッサの人質になってるしで結構複雑な関係だよねw
バルボッサの娘とウィルの息子(ビルの孫)が恋仲になるって改めて考えると少し面白いね

 

カリーナって何歳でバルボッサのいつの子供だよ

ジャックがバルボッサの嫁っていうかカリーナの母親を知ってるってことは多分バルボッサがブラックパールの副船長でジャックに反乱を起こす前だから一作目の前だよね?
え、じゃあカリーナ何歳やねんって話だよ。結構歳いってんじゃないの?少なくともヘンリーよりは年上でしょ?まぁ今回の物語に影響ある設定じゃないからどうでもよくはあるけど


もうちょいウィルとエリザベスの再会はなんとかならんかったのかね


ウィルとエリザベルの再開は3作目から10年引っ張って今回の最も大きい見せ場のうちの一つと言ってもいいのにちょっとあっさりしすぎじゃない?
個人的にはすごい「え、これで終わりなん?」ってなったしそう思った人結構いると思うんだけどどうだろうか?


さすがにエリザベスちょっと老けたな・・・


エリザベスっていうかキーラナイトレイか。いややっぱ相変わらず綺麗は綺麗なんだけどもなんか生命感っていうか透明感というか生き生き感が全盛期と比較すると減ったというかなんというか
でもウィキで調べたらまだ31歳か。その割にはちょっとなぁ、いやもちろん綺麗なんだけどさ
けど作中だとエリザベスはもう40超えてるだろうからむしろ老けメイクを特別にやったのかもわからんね。もしそうならむしろ監督の狙い通りと言うべきか


エンドロールの意味は?


ポセイドンの槍をヘンリーがぶっ壊したおかげでフライングダッチマンからの船長役をお役御免できたウィルターナー
愛妻のエリザベスと寝てるところを何者かが忍び込む気配・・・それに気づいたウィルは反射的に起き上がるがそれは夢だった・・・
不吉な夢だ・・・みたいな感じにエリザベスを抱き寄せながら再び眠りについてカメラはウィルから離れていくがベッド付近にはかつてディーヴィージョーンズ、そしてウィルについていたようなフジツボが落ちていた・・・

と言ったなんか意味ありげなエンドロール。

 

これは結局ウィルはまだ完全にフライングダッチマンの呪いから解かれていないってことなんですかね。もしくはディーヴィージョーンズはまだ生きてる、ないしは生き返ったとか?


バルボッサとかジャックの例もありますしこの作品魁!!男塾並みとは言わずとも結構気軽に生き返りますからね・・・そう考えるとディーヴィージョーンズの復活あり得ますね。それとついでに再度のバルボッサ復活も

この引き方だともし6作目があったらウィルもまたメインキャラレベルで出演することになるんすかね?

酸いも甘いもかみ分けた今になってのウィルとジャックの掛け合いをちょっと見て見たいよね、一ファンとしては。

ただエリザベスとウィルの再開を望遠鏡で覗いて悪態ついてたけどあのシーンはちょっと個人的にほっこりしたわ。なんだかんだでジャックもウィルのことを大切に思ってただろうからね。
ジャックなりにウィルをフライングダッチマンの船長にしてしまったことに罪悪感感じてたのかもわからんね

ヘンリー微妙!

なんていうかジャックの相棒感が足りないよね。そんで多分演技も直裁に言っちゃうとちょっと良くないと思った。

ジャックの相棒役としては一作目のウィルというかオーランドブルームというはっきりとした比較対象があるだけにその分ヘンリーの物足りなさが浮き彫りになってる印象。後ウィルとエリザベスの息子という設定もあまり活かしきれてない印象があった。

どうせならジャックが監獄に捕まってる時に脱出させる手段として『テコの原理』を又使ってジャックを脱出させて一作目の踏襲をさせるとかそういう演出が欲しかったかな


まとめ

前作までの4部シリーズと比較すると4作目の生命の泉よりはまぁ良かったって感じですかね。ってか生命の泉がちょっと酷かったわ。色々と。アンジェリカが剣を拾った時に不注意で手を切って毒にかかるシーンとか。いや無理やりにも程あるやろとw

今作を含めた5作の完成度を不等号で表すと
1作目>3作目>=2作目>今作(5作目)>4作目って感じです。

あくまで映画評論家でもない素人の個人的な意見ですけどw

物語的には1作目よりも3作目のワールドエンドが一番好きなんだけどね。

今までのエンドロールが猿が金貨を奪ったり門番の犬が首長になってたりとネタ的なやつだったのに比べて今回は続編ありきの意味ありげなやつに仕上げてきたので多分続編は高確率であるんでしょう
まぁパイレーツシリーズは世界に多くの固定ファンがいるから作れば間違いなくヒットするディズニーのドル箱みたいな作品ですもんねwそう簡単には手放さないやろ


とりあえずこのクオリティーを維持してくれるなら個人的には十分に満足なので次回も期待できる。できれば次回作は3作目までを撮ってくれたゴアヴァーンビンスキーにメガホンとってもらいたいんだけどねえ。難しいのかな?
あと肝心の主役のジョニーデップも家庭問題だったり金使いだったりで最近私生活でいい噂聞かないですからねえ。大丈夫かなあ


(・ω・)ノシ