まじめ系クズの主張

漫画の考察やライトノベルの感想をメインに書かせてもらっています

<ハンターハンター>クロロがヒソカにした所業を売れないバンドマンとそれを支える女に例えてみた

34巻にしてヒソカ、そしてハンターハンターファンが長らく待望していたヒソカVSクロロのタイマンが描かれました。

・・・・しかし蓋を開けてみればそのタイマンは旅団メンバーの共闘を始めとしたクロロによって周到に用意されていたヒソカの負けが確定していたいわば『出来レース

死後に強まる念によって復活したヒソカはそのことに気づき、団長とのタイマンという名のデートを邪魔された報復として『旅団狩りツアー』を開始してコルトピとシャルナークが最初のターゲットの標的にされて実際に天に召されました。南無

今回はそのヒソカが旅団狩りツアーを始めるきっかけとなったクロロがヒソカにした所業を売れないバンドマンとそれを支える女に例えてみました!

 

例えてみましたよ!↓

男(クロロ)「女ちゃん今月ちょっとお金足りなくてさ・・・悪いんだけど金貸してくんないw」

女(ヒソカ)「わかった!これくらいあれば大丈夫かな」
男「ごめんなぁ・・・女ちゃん・・・俺が成功したらその時は絶対一緒になろうね!」
女「うん!」

 

数日後

 

男「女ちゃんあのさぁ新しいギターを買いたいと思ってるんだけどお金がなくて・・・金貸してくんないwww」
女「・・・それはいいんだけど・・・この前あげたお金はどうしたの?」
男「あああれか・・もらったその日にパチンコで擦っちゃってさwww・・・メンゴメンゴwww」
女「・・・ううん気にしないで!私夜の仕事始めてでも男君のこと支えるから!」
男「ありがとう女ちゃん!成功したら一緒になろうな!」

女「うん!」


かくして女の物心両面の必死のサポートの甲斐もあって男はメジャーデビューを果たして一躍成功者に

 

女「男君やったね!やっと二人の夢が叶ったね!」
男「女ちゃん・・・ありがとう・・・本当にありがとう!俺がここまでこれたのも全部女ちゃんのおかげだ!」
女「そんなことないよ。男君が努力をしたからだよ!・・・・それであの約束のことだけど・・・」
男「うん・・・女ちゃん・・・随分待たせてごめんね」
女「それじゃあ!」
男「女ちゃん・・・結婚しよう!」

女「はい喜んで!」
男「実はもう女ちゃんと住むための家を買ってあるんだ!早速今から行こう!」

 

二人で男が購入した家に向かう

 

男「この家が今日から僕たちが住む家だよ!」

女「すごい!広いし家の中も綺麗だね!」

見知らぬ女「おかえりー」

女「え・・・この人誰?」

男「誰って・・・俺の愛人だけど?」

女「・・・それってどういう意・・・」

見知らぬ女2「お帰んなさーい」

女「・・・こっちの人は?」

男「愛人二号だけど?」

女「・・・」

男「いや女ちゃんと結婚することは約束したけど愛人を持たないとは俺言ってないと思うんだけど?」

女「・・・で、でもそんな!!」


男「後出しはしない。俺の手役を見た後でも結婚(コール)するかよく考えろ・・・」

 

女「え・・・?・・・いや・・・え?・・・一体何を」

 

男「・・・・人とは・・・本当に面白いな・・・・・・」

まとめ

これはヒソカも復讐くらいしますわ(確信)

少し男(クロロ)をクズに書きすぎてしまったかもしれないですけどw実際のヒソカとクロロも概ねこんな感じと言っても過言ではないと思うんですよ・・・

だってヒソカはクロロとタイマンをするためだけに幻影旅団に入るわ、死ぬ覚悟で旅団全員を敵に回すリスクを背負うわ、クロロが念能力を使えなくなれば除念師をグリードアイランドまで探しに行くわとかなりクロロとのタイマンのためだけに粉骨してますしその分だけ楽しみにしていたということですし。

これはクロロも復讐されてもしょうがないですわw

さてヒソカの旅団狩りツアーは一体どういう終着を迎えるんでしょうかね?今から楽しみですねえ♪