まじめ系クズの主張

漫画の考察やライトノベルの感想をメインに書かせてもらっています

スマホ持ってから更にバカに拍車かかった自覚はあるけどもう諦めた話(´・ω・`)

ただでさえ物心ついてからポンコツだった短期記憶とかマルチタスク能力とかその辺の能力がスマホのせいでさらにしょうもなくなった自覚がある。

僕はマジで起きている時間の9割以上スマホ弄ってると言っても過言じゃないです。スマホが半径5メートルにないと不安になってくるまであります。

つまり僕はもう立派なスマホジャンキー、すなわち『スマホ依存症』です。

そもそも発達障害者はお酒だったり薬物だったりとなんらかの依存症になってしまうことが多くて僕の場合はスマホだったわけです。アル中の素質も少しある気がしますがw

もう僕のスマホ依存は既に引き返せないところまで来てしまっているためもはや抜け出すことから僕は完全に諦めてしまっていますw

今回は僕みたいになる前に何とかしないと駄目だよ(`・ω・´)/!っていう警告記事です

 

スマホ使うと馬鹿になるよ!系の記事

半年に二、三回くらいは別に能動的に調べたいわけでもないのに『スマホ使うとバカになるよ(´・ω・`)! 』って記事を見かけます。多分ほとんどの人間が一度くらいは見たことあるんじゃないですかね

こんなのとか

www.otokolab.com

こんなの

business.nikkeibp.co.jp

スマホ バカになる』『スマホ 頭悪くなる』で検索すれば他にも似たような記事はいくらでも出てきます

こういう記事を見た時だけは僕も意識的にちょっと触る時間を減らすようにしていた時期もあってそういう人僕以外にも結構いると思う

一回本気でスマホ依存から抜け出そうとしたことがある

実は本当にどんどんポンコツになっていく自分に戦々恐々とした時期があって一回だけ本腰を入れて意識的にスマホいじるのを控えるようにしてたこともあるんですよ、それも結構続いて2ヶ月くらい。

まぁ結局それが僕の最後のスマホへの抵抗になったわけだけどw

外出時は10分以上弄ってはいけない、家の中ではもうスマホを箱の中に入れちゃって絶対に弄ってはいけないという鉄のルールを己に課しました。暇つぶしには主に文庫本を読んでました

で、そのスマホを意識的に弄らなかった2ヶ月というのはどうだったかというと・・・・面白いもんで実際かなり脳機能が回復するんですよねこれが

いや僕の場合は超ポンコツからポンコツに戻っただけの話であるんですけどそれでも認識できるレベルで改善はするんですよ。

でもねやっぱ良いことばっかりじゃなくて・・・めっちゃ退屈

というのももはや日常のあらゆるところでスマホが絡みすぎているのだ

ネットサーフィンはもちろん今は本を読むのもスマホでアマゾンするにもスマホでゲームするにもスマホで音楽聞くのもスマホで何するにもスマホスマホだ。

それでもまだ家にいるときは本読む以外にもまぁ他にやりようはあるけど外でスマホ使えないと本読むくらいしかないんだもん。そして『今特に本読みたい気分じゃないんだよなあ』って時とか手持ち無沙汰すぎて死にそうになる。

後本持ち歩くの面倒くせえwスマホならポッケに入れてれば済む話ですけど本だと小さい文庫本でもバッグに入れないといけないし読もうとなるとバッグから出さないといけないし・・・

加えて発達障害としての特性なのかもわからんのですけど僕は本当に退屈耐性がゴミなんですよ。んでスマホ持ってからはこのなけなしの退屈耐性すらもさらに減ってしまった。今は本当寝るときもスマホ使ってるし冗談抜きで1週間に1、2回くらいは寝落ちしている。あの寝るときの意識が落ちるまでの時間が今の僕には我慢できないんですよ

それでもまだ物理的にスマホがないなら我慢できますけど『スマホをいじる』という選択肢がなまじあるから我慢してるのがどんどん馬鹿らしくなってくるんですよね。

「なんで自分はこんなセルフ束縛をやってるのか」と、「こんなに退屈ならスマホいじればええやん」と悪魔が囁いてくるわけですよ

である日にもう良えやろと、こんな退屈を味わせられるくらいならバカになってもええわと悪魔の囁きに屈してスマホをいじりまくってしまいそこから先はもう決壊してしまったダムのごとくですよ

その挫折を最後にして僕はもうスマホへの抵抗を完全に諦めました
スマホよ、これ以上俺を馬鹿にできるもんならやってみろと

もう完全に開き直ってやりましたよ

んで速攻でポンコツから超ポンコツに戻りましたよ

 

スマホで馬鹿になるっていうのは多分マジだよ

なんていうか本当にスマホ触るようになってから全体的に満遍なくバカになった気がする。CPUでいうならcorei5からcerelon dual coreにまで落ちた感じ。だいぶもっさりするでしょ?
その中でもとりわけ「これが終わったら次は『あれ』をやらないとな」の『あれ』を覚えておけない・・・どころかそう思ったことすら忘れているレベルだ。普通の人間でももちろんど忘れすることくらいはあるでしょうけど僕は間違いなく頻度が尋常じゃない。
常人が1週間に一回くらいだったならスマホを持つ前の僕は3日に一回、現在のスマホによって超ポンコツ化が進んだ僕は1日に最低でも2回はある。今日は三回あった

けどスマホでのポンコツ化には上限がある・・・気がする

でもあくまで現在の僕の感覚的なものなんだけどスマホが人を馬鹿にできるのは上限があるのではないかと、つまり僕がもうこれ以上スマホで馬鹿になる余地はそんなにないのではないか?と考えている。てか本当にこれ以上ポンコツになったらもう日常生活もままならないよw

でも実際どうなんだろうか・・・これ以上ポンコツになるなんてあり得るのだろうか?ちょっと逆にこれ以上にポンコツ化した自分に恐怖はもちろんあるが少し興味もあるwどんな風になってるんだろうかwなんかずっとよだれとか鼻水垂らしてそうだw

まとめ

もうスマホを持つ前の僕はスマホ無しでどうやって平気で過ごしていたのかが思い出せないよ・・・って言っても6年とか7年前程度の話のはずなんだけどさw

恐らくこんな記事を最後まで読んでくれる人というのは自分もスマホで馬鹿になりつつあることに恐れを抱いているんだと思いますけどもほとんどの人間が僕よりも依存度はマシなはずで今ならばまだまだ引き返せると思います。

この僕という駄目な人間を反面教師にしてどうか早めにスマホ沼から抜け出すことをお勧めしますw僕はもう諦めましたけど(笑)