まじめ系クズの主張

漫画の考察やライトノベルの感想をメインに書かせてもらっています

でも一度は粉塵爆発で漫画みたいにピンチ切り抜けたいよね?

 

僕が最初に創作作品で粉塵爆発の描写を読んだのは確かきみのカケラだったと思う。

 

 


作者は最終兵器彼女で有名な高橋しん先生。そう言えばきみのカケラは結局どうなったんだろう・・・・?

休載が長すぎてその間に熱が冷めちゃっていつの間にか完全に忘れてたんだけどアマゾンを見るにどうやら7年前に完結してたらしい、全く知らんかったわ。NANAみたいに全く新刊出ないで未完のまま終わったのかと思ってたw

 多分今回粉塵爆発つながりで思い出さなかったら一生忘れてた気がするw

 

この作品の雰囲気個人的には結構好きだったわ。かなり物語忘れてるけど数年ぶりに読んでみるか

 

お次に粉塵爆発を見たのが確かブラッディーマンデーだった気がする。

 

折原マヤに追いかけられてる藤丸が粉塵爆発を使って逃げ切るシーン。

「ネットは何でも教えてくれるってね⭐︎」とか言いながら500円玉投げてた気がする。

次がマスターキートンだったかな?禁書とかもも確かあったっけ?

 

粉塵爆発(笑)


あまりそっち方面の知識がない作者がさも登場人物を頭良い奴という描写を書きたい、でも悲しいかなそれを書くための知識がない・・・・ってときに粉塵爆発が選ばれるのはよくわかる。

 

お手軽だし漫画でも小説でも爆発描写もあって盛り上がるしね

 

しかし最近あまりにも粉塵爆発が多用されすぎてきてもう粉塵爆発が粉塵爆発(笑)みたいな扱いになってるのは多分僕の気のせいではないだろう。
実際その手のスレだったり書き込みは結構見るしね

 

けどこれだけ読者側が粉塵爆破に食傷気味だというのに今でも時々小説家になろうとか読んでいると粉塵爆発が出て来てなんていうか逆に面白いw
もはやすごいよね。ここまで世間が粉塵爆発かっこわらいみたいになっているこの状況であえて粉塵爆発を出してくるその根性だけは褒めたい

 

しかし

とまぁそこそこ粉塵爆発をディスってきたわけだがじゃあお前は粉塵爆発が嫌いなのか?と問われればそれは全く話が違う。

 

僕だって粉塵爆発で一度はピンチを切り抜けてみたいわっ!

 

こんな感じでよ!ネットにちょうどいい感じのあったから引用させてもらうZE

 

敵「HAHAHA!追い詰めたぜ~YEAH!」
主人公「くっ、これでも食らえ!」
敵「何?……って、ただの小麦粉じゃねえか!無駄無駄無駄ぁぁ!」
主人公「ニヤッ 馬鹿めかかったな」
敵「何…だと……? ハッ まさか…」
主人公「そのまさかだ、食らえ!」
カチッ
敵「GYAAAAA!」

 

これやりたいよ!

 

俺もこの主人公みたいに粉塵爆発でピンチ切り抜けたい!

できれば可愛いヒロインも一緒にいて知識もひけらかせたらなお良しっ!

 

美少女「すごい・・・・!でも何で都合よく爆発が起こったのかしら?!」
俺「粉塵爆発って言ってな・・・一定以上の濃度の粉塵が空気中にウンタラカンタラ」
美少女「すごい!強いだけじゃなくて頭も良いのね!抱いて!」

 

 

みたいな?

 

まとめ

ディズ●ーランドとかで安全に粉塵爆発を体験できる施設みたいなのできないもんかな。一回4000円くらいの別料金とっていいからさ

どっちかっていうとシー向きの施設かな?フック船長に追い詰められて・・・でもここには武器もない・・・あるものといえば小麦粉くらい・・・ハッ!みたいなさ(笑)

割と日本人男子には需要ありそうだし流行りそうだけどね。少なくとも僕は行くぞ!一回6000円くらいまでなら出すぞ!

でも創作で粉塵爆発出すときは少し捻ったほうがいいですよ!最近の読者はもう粉塵爆発出てきた瞬間に萎えちゃいますからね!

・・・きっと人生でこんな粉塵爆発について語るのは恐らく後にも先にもないだろうなぁ

ああ後きみのカケラは普通に面白いのでおすすめの漫画の1つです!まだ四巻までしか読んでないけどさ!