初恋はメーテル

漫画の考察やライトノベルの感想をメインに書かせてもらっています

ジャナ研の憂鬱な事件簿 3巻 ネタバレあり 感想

 

三巻は全ての話が1巻2巻のいずれのよりも個人的には完成度が上回ってたと思う

 

前回の記事でも書いてたことだけど予想してた通りに今巻の3巻目で大きく洗練されたなぁという印象を持った

 

 

www.ginjinomangakousatsu.xyz

 

いやこれも以前書いたけど1巻からすでに面白かったんだけどね。

ただそれでもわずかに違和感を感じた箇所はもうほとんど気にならなくなってきたし最初から面白かった部分はより面白くなったというか

多分これは僕個人の好悪からくる感覚じゃなくて単純に著者がこの作品にこなれてきたからというのが理由の主なものだと思うから1巻2巻をちゃんと読んで今巻の3巻を読んだ人は僕と似たような感想を抱いたんじゃないかなと思う

 

 

自画像メロス

三巻の一章目に当たる『自画像メロス』

あらすじを読んだ時からあの義務教育を受けた日本人ならまぁほとんど知っている太宰の走れメロスをどんな感じで話に絡めるんかなぁと思ってたけどなるほどね。2巻の耳なし芳一の独自解釈みたいないかにも著者っぽい感じの絡め方でしたね、なんというか現実的な方向に一捻りするあの感じ。んで僕はその感じ結構好きなんだよw

あと急にこの章で白鳥先輩がメインヒロイン感強くなりましたね

2巻まではヒロインっていうよりかは登場人物の一人、狂言回しの一人に過ぎない感じがありましたけどもこの章で思い出したかのようにヒロイン感出てきてちょっとビビったw

第二章『鬼の貌』

「ひえっ・・・」ってなった章

真相が明らかになるちょっと前くらいにぼんやりと真犯人がわかったんだけどそれでも「ひえっ・・・」てさせられた

現実で一番怖いのは結局お化けでも鬼でもなくて人間の悪意だよねって感じの話。つらい。

ライトノベルではあまり扱わない題材が全然心構えしていない時に来たため不意打ちのボディーブローを食らった気分

そのため読後の後味はそりゃあまあ良くない。しかし後味が良くないということは著者の筆力の高さの裏返しでもあるんだけどね

やっぱり著者は この手の「石を裏返してみたら気色悪い虫がうじゃうじゃいた」系の話書くと最近の他の作家さんたちよりもだいぶ抜きん出ていると読んでいると感じる

あと主人公の姉ちゃんがめっちゃイケメソ

第三章『怖いもの』

三巻の最後の章

この章は主人公がめっちゃかっこいい

文化祭でマジックのタネを妨害されたヒロイン候補(なのか?)の女の子をを主人公が持ち前の頭脳の高さで助ける話のやつ

知的系主人公の王道俺TUEEE感ある。学生時代に一度は空想して憧れる教室にテロリストが乗り込んできて一人で制圧する感じのやつを頭脳方面にシフトした俺TUEEE感ある。

自分こういう俺TUEEE・・・正直好きっすw

二章でちょっとメンタルを沈められてる分も相まってめっちゃカタルシスでスカッとした

あと白鳥先輩の焼き餅かわE

やっぱ作者は純粋に筆力高いよ

読んでいてやっぱ作者さんは筆力高いなぁって思う。そもそもこういう『日常系推理もの』という題材自体が根本的に筆力がないと成立しないジャンルの気がするし

ガガガ文庫で発売しているラノベの中でも一番か二番かってくらいに面白いと僕は思う。実際ちょっと感想とかググってみても良い評価の方が目立ってるし売り上げも結構良いんじゃないかな?

まとめ

3巻は1、2巻の推理もの小説としての完成度を保ちながら恋愛方面でも割と進展がありましたね。白鳥先輩がジェラって終わったので4巻もそっち方面でまた一波乱ありそうっす